ありく的コラム

 

「ありく的コラム」とは…

 ピラティスのこと、ココロとカラダのことを、

 インストラクター・西村由美の視点でゆるりと

 綴っていくコラムです。

 

NEW

姿勢からわかること

ピラティスのプライベートセッションでは、まず最初に「姿勢」を分析します。
姿勢から得られる情報により、適切で安全なエクササイズを選択するためです。

 

理想的といわれる姿勢は、ストレスや緊張が最小限の、カラダが最も効率的な状態。
そのポジションからどんなふうにズレがあるのかを見ていくと・・・
・どの筋が短く(短縮している)、どの筋が長い(伸張している)か
・どこが過剰に働いていて、どこがおサボり傾向にあるか

と、いうことがだいたい見えてくるのですよ。

 

短く、過剰に働いている筋は、緊張をゆるめてあげる。
長く、おサボり傾向にある筋は、ちょっとお尻を叩いてやる!(笑)
ピラティスセッションはそんなふうにエクササイズを選んでいきます。
カラダに“最適なバランス”を思い出させてあげる、みたいな感じかな。

 

人はそれぞれ骨格も筋の付き方も違います。
だから、「こうあるべき」という姿勢なんていうのはなくて、ひとりひとり、

自分にとっての“最適”を見つけていけばいい。

 

ただし静的な姿勢はあくまでも目安のひとつ。
実際には「動き方」に表れるカラダの特徴(=クセ)というのもあって、それが日々の生活の中で姿勢を作り上げていたりもするのです。
同じような姿勢でも、そこに“個性”が表れるので、それもまたエクササイズ選びのポイントになってくるわけです。

 

いまの自分のカラダはどうなっているのか?を、姿勢、生活習慣、クセ、コリやイタミなど、主観的&客観的に、いろんな角度から見ていくことによって、自分を最適化してくれるエクササイズがわかってきたりしますよ。

 

 

プライベートセッションとグループレッスン

ピラティスにおける「プライベートセッション」というのは、インストラクターとマン

ツーマンで行なうセッションのこと。
1対2になると「セミプライベートセッション」と言ったりします。
一方、受講者が複数になると「グループレッスン」と言います。

私が思うに、対1人~2人のときに「セッション」ていうのは、たぶんジャズのセッ

ションみたいなところからきてるんじゃないかな。
インストラクターとクライアントがその瞬間に呼吸を合わせてつくりだすような時間。


グループレッスンの場合はインストラクターが「教える」「リードする」感じが強い。
プライベートセッションはクライアントのペースに合わせて進んでいくけど、グループ

レッスンのペースをつくってくのはインストラクター。
プライベートセッションのエクササイズはクライアントに合わせオーダーメイドのプログラミングだけどグループレッスンの場合は様々な方に対応できるように構成します。

 

私はプライベートセッションルームA・Ri・Ku -ありく- でのピラティス指導のほか、

フィットネスクラブで大勢のお客様とのグループレッスンをさせていただいてたり、宝塚音楽学校で1クラス20名強の生徒さん達と授業でピラティスをご一緒したりしてますが、レッスンの人数が多くなればなるだけ、インストラクターがペースをつくりリードする、という感じが強くなるように思います。
では、グループでありながら、ある程度のカスタマイズが可能な人数は?というと、

5~6名くらいまでの少人数レッスンになります。

プライベートセッションは、

●自分にとって最も効果的なエクササイズを
●適切なカラダの使い方ができるように

●その日そのときの状態に合わせて
インストラクターがガイドしてくれるから、やはり断然効果を実感しやすい。

グループレッスンは、
●リーズナブルなのでコンスタントに続けやすく、
●お仲間とワイワイ楽しみながらできるのでシリアスになりすぎない、
というところがメリットだと思います。

あと、私の場合、人にペースを作ってもらえる心地よさ、というのもあるかな。

プライベートセッションとグループレッスン、それぞれに特長があるので、

◆ピラティスを受講される目的や求める効果

◆ご希望のワークアウトのペース(週イチ?月イチ?など)

◆どんなふうに教えて欲しいか(集中してじっくり?わいわい楽しく?)

…などについて、「自分はどうなんだろう?」と考えてみると、ご自身にピッタリ合った受講形態が見えてくるのではないでしょうか。それでもよく分からないという時は、インストラクターに聞くのが一番の早道ですよ!

 

 

 

 掲載記事を許可なく転載することを禁じます。


CopyRights (C) A.RI.KU ありく™


レッスンのご予約はこちら↑をクリック